1999年(平成11年)9月26日(日)セリーグ公式戦 対阪神25回戦

 
  1999年試合一覧    <<前の試合    次の試合>>
通算 7767試合 3858勝 3638敗 271分
シーズン 127試合 76勝 51敗 0分
球場 ナゴヤドーム   試合時間 02:58   観衆 40500人  

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神
0
0
0
1
0
0
0
0
3
4
中日
1
0
0
0
0
1
0
0
3x
5

勝利
敗戦

マジック6で迎えたナゴヤドーム最終戦。
先発は武田一浩。7回を失点1、自責点は0で抑える完璧の投球。後は自慢の救援陣に託した。
だが、一人一殺の救援陣がこの日は調子が上がらない。
9回に登板の落合、岩瀬が出したランナーを二死から登板の宣がジョンソンに3ランを浴び一掃されてしまう。
スコアは2対4。敗戦は濃厚である。だが、ここで終わらないのがこの年のドラゴンズであった。
9回裏、先頭の福留は三振に倒れる。
ここで阪神は左の遠山から右の福原にスイッチ。
が、変わった福原の初球をゴメスが左前安打。続く立浪も一、二塁間を破り一死一、二塁。打順は6番山崎に回る。
「これまでで1、2番目の当たり」とヒーローインタビューで話した山崎の打球は打った瞬間それと分かる右中間に突き刺さるサヨナラアーチとなった。
山崎の打った瞬間のガッツポーズは優勝を象徴するシーンとしてファンの目に焼きついた。
ダイヤモンドを回った山崎と抱き合った星野仙一の目にもうっすらと涙が浮かんでいた。
その後、一つの敗戦もなく優勝までチームは突き進んだ。

(コマンチ@管理人:2004/03/21)
メッセージの入力
名前(ハンドルネーム) (15文字以内)
メッセージ
(250文字以内、タグは使えません。)
since1974さん   2015-02-22 00:40:37.0
日曜日のデーゲーム。この日仕事の都合で休日出勤していた。仕事がなければTVでリアルタイムで観られたのに… この日ほど休日出勤を恨んだ日はなかったね。
恐竜打線さん   2014-07-21 13:31:33.0
9回の表にドンヨルが打たれてだめだと思ったけどやっぱ優勝チームは違うなと思った。あと山崎が打った時のxの形をしたガッツポーズにはしびれた
たかさん   2013-08-25 05:20:40.0
この試合はテレビで見てたけど興奮と感動で自宅で馬鹿でかい大声で叫んだ
多分近所に俺の大声が響いてただろうな、これほど叫んで感動したのはいまだにないわ