小野  和義

   おの かずよし
左投左打
1965年11月13日生まれ
栃木出身
陽西中-創価高-近鉄-西武-中日
投手成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 登板 勝利 敗戦 奪三振 投球回 防御率 同順
1984 投手 小野和義 近鉄 26 24 2 3 1 34 68.0 5.29 --
1985 投手 小野和義 近鉄 26 39 3 6 1 96 113.1 5.24 --
1986 投手 小野和義 近鉄 26 31 14 11 0 165 195.1 5.02 22
1987 投手 小野和義 近鉄 26 28 11 11 0 138 190.1 4.07 14
1988 投手 小野和義 近鉄 26 30 10 10 0 144 208.2 2.59 4
1989 投手 小野和義 近鉄 26 25 12 9 1 149 180.1 3.39 4
1990 投手 小野和義 近鉄 26 13 3 4 0 22 60.2 5.04 --
1991 投手 小野和義 近鉄 26 21 12 4 0 65 144.2 2.86 5
1992 投手 小野和義 近鉄 26 6 0 3 0 9 25.1 9.24 --
1993 投手 小野和義 近鉄 26 3 1 1 0 3 9.2 8.38 --
1994 投手 小野和義 西武 24 28 7 5 0 73 102.0 3.88 --
1995 投手 小野和義 西武 24 21 7 9 1 87 123.0 2.85 --
1996 投手 小野和義 西武 24 7 0 1 0 14 12.1 3.65 --
1997 投手 小野和義 西武 24 一軍登板なし
  投手 小野和義 中日 18 8 0 1 0 6 11.2 11.57 --
中日通算成績: 在籍1年: 実働1年 8 0 1 0 6 11.2  
生涯通算成績: 在籍14年: 実働13年 284 82 78 4 1005 1445.1  
打撃成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率 同順
1984 投手 小野和義 近鉄 26 24 0 0 0 0 0 .000 --
1985 投手 小野和義 近鉄 26 39 0 0 0 0 0 .000 --
1986 投手 小野和義 近鉄 26 36 0 0 0 0 0 .000 --
1987 投手 小野和義 近鉄 26 40 0 0 0 0 0 .000 --
1988 投手 小野和義 近鉄 26 32 0 0 0 0 0 .000 --
1989 投手 小野和義 近鉄 26 28 0 0 0 0 0 .000 --
1990 投手 小野和義 近鉄 26 14 0 0 0 0 0 .000 --
1991 投手 小野和義 近鉄 26 24 0 0 0 0 0 .000 --
1992 投手 小野和義 近鉄 26 8 0 0 0 0 0 .000 --
1993 投手 小野和義 近鉄 26 4 0 0 0 0 0 .000 --
1994 投手 小野和義 西武 24 28 0 0 0 0 0 .000 --
1995 投手 小野和義 西武 24 21 0 0 0 0 0 .000 --
1996 投手 小野和義 西武 24 7 0 0 0 0 0 .000 --
1997 投手 小野和義 西武 24 一軍出場なし
  投手 小野和義 中日 18 8 1 0 0 0 0 .000 --
中日通算成績: 在籍1年: 実働1年 8 1 0 0 0 0 .000  
生涯通算成績: 在籍14年: 実働13年 313 1 0 0 0 0 .000  
メッセージの入力
名前(ハンドルネーム) (15文字以内)
メッセージ
(250文字以内、タグは使えません。)
フシギさん   2018-11-14 10:54:16.0
昨日お誕生日だったので見ています。初めて規定投球回数に達した1986年の防御率5.02(22位)で14勝11敗の成績は、打高投低の近鉄投手っぽい感じで「まあこんなモンか」と納得。対照的なのはキャリアハイとも言うべき例の1988年の成績。208.2/3イニングで防御率2.59(4位)を記録しながら10勝10敗・・もし小野さんがもう1勝だけ白星を挙げていたら、近鉄はパ・リーグ制覇していたかも。でも伝説の【10.19】も翌年の【10.12】も生まれなかった事に・・運命ですかね。
ゼンショー・スポーツさん   2015-02-08 14:14:47.0
高校時代甲子園に出場したとき「江夏2世」と騒がれたが、初戦で4点ぐらい取られてあっさり敗退しちゃった。
運命の試合に投げた男さん   2013-11-23 20:31:49.0
近鉄球団史を読んで思い出した{昭和40年組}の1人である小野和義投手。伝説となった1988年{10.19}ダブルヘッダー第1試合先発(この試合は近鉄が勝利なるも第2試合は引き分けで優勝を逃す)、3連勝で迎えた1989年日本シリーズ第4戦先発(近鉄は敗北して結局は巨人の4連勝で初の日本一を逃す)、どちらの試合も小野さんが投げていたのだ。ある意味すごい場面ばかり経験していた人。
吉口陽介さん   2006-05-24 22:09:45.0
1986年の41被本塁打はある意味すごいです…