児玉  泰

   こだま やすし (空谷泰)
右投右打
1935年7月19日生まれ
愛媛出身
宇和中-松山城東中-松山商-中日-近鉄
投手成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 登板 勝利 敗戦 奪三振 投球回 防御率 同順
1954 投手 空谷泰 中日 40 28 7 4 89 129.0 2.51 --
1955 投手 空谷泰 中日 18 21 3 6 51 74.1 3.12 --
1956 投手 空谷泰 中日 18 22 11 5 101 144.0 1.75 --
1957 投手 空谷泰 中日 18 38 10 12 143 200.0 2.84 17
1958 投手 児玉泰 中日 18 31 9 9 126 166.1 2.21 --
1959 投手 児玉泰 中日 18 45 20 11 189 256.2 2.07 4
1960 投手 児玉泰 中日 18 22 3 9 42 81.0 4.56 --
1961 投手 児玉泰 中日 18 1 0 1 0 0.1 18.00 --
1962 投手 児玉泰 近鉄 20 一軍登板なし
中日通算成績: 在籍8年: 実働8年 208 63 57 741 1051.2  
生涯通算成績: 在籍9年: 実働8年 208 63 57 741 1051.2  
打撃成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率 同順
1954 投手 空谷泰 中日 40 28 45 4 0 1 0 .089 --
1955 投手 空谷泰 中日 18 21 20 1 0 2 0 .050 --
1956 投手 空谷泰 中日 18 22 46 8 0 1 0 .174 --
1957 投手 空谷泰 中日 18 38 56 5 0 2 0 .089 --
1958 投手 児玉泰 中日 18 31 49 3 0 1 0 .061 --
1959 投手 児玉泰 中日 18 45 77 14 0 4 2 .182 --
1960 投手 児玉泰 中日 18 23 25 4 0 3 0 .160 --
1961 投手 児玉泰 中日 18 3 0 0 0 0 0 .000 --
1962 投手 児玉泰 近鉄 20 一軍出場なし
中日通算成績: 在籍8年: 実働8年 211 318 39 0 14 2 .123  
生涯通算成績: 在籍9年: 実働8年 211 318 39 0 14 2 .123  
タイトル・主な記録(中日のみ)
最多無点勝( 1959年 )、 最多与四球( 1959年 )
メッセージの入力
名前(ハンドルネーム) (15文字以内)
メッセージ
(250文字以内、タグは使えません。)
ituwaさん   2016/10/31 17:39:40

「あんなうれしかったことはないね。勝って敵に握手を求められたことなんて最初で最後だよ」。それは1953(昭和28)年、四国での国体だったという。中山さん擁する中京商は松山商と対戦。勝つのだが、当時の松山商のエースは、空谷(児玉)泰、その年の夏の甲子園で全国制覇して、無敵と呼ばれた男だった。


 そんな豪腕に投げ勝ち、空谷からは「俺より速い球を投げる投手を初めてみた」と言わせ、敵の応援団から、「空谷が負ける試合なんて初めて見た。記念になった」
松山のおてい。さん   2015/02/24 15:26:56
私は、児玉さんが宇和中学校で野球をされていたときの野球部監督の娘です。
幼いとき!松山に試合にかあると父の実家「松山」に選手の皆さんを泊める話をしていたのを子供心に覚えています。
両親が、よく空谷選手のことを話題にしていてのをいたことをおぼえています。わたしも大阪まで空谷選手の応援に母におんぶされ連れていかれたことがあると聞いています。
私は父の影響か野球が大好きです。
野球養子さん   2012/08/24 18:15:59
1954年に中日ドラゴンズへ入団して杉下茂、服部受弘、近藤貞雄らと共に中日初の日本一に貢献した。1958年には45試合に登板し、20勝11敗と素晴らしい記録を残している。1962年に近鉄に移籍してその年限りで引退。本当の姓は児玉だが、松山商業に進学したかったため、空谷家に野球養子として入ったので姓が空谷になった。その後、1958年から姓を児玉に戻している
小島礫さん   2006/06/18 17:02:49
1954年だったと思いますが、今は亡き兄と、難波球場で阪神中日戦を見に行った記憶があります。先発が空谷と阪神は藤村弟。
吉口陽介さん   2006/05/24 23:16:07
全球団参加の契約金入札制で、中日は他球団が200万でくるという情報をつかみ10万を上積みしたといいます。
杉下時代さん   2005/01/03 23:01:33
日曜はダブルヘッダー、杉下に天地監督が「日曜の第一試合は空谷で行くぞ!」要するに、土曜と日曜の第二試合はエース杉下先発。谷間の先発投手でした。