藤沢  公也

   ふじさわ きみや
右投右打
1951年11月29日生まれ
愛媛出身
八幡浜高-日鉱佐賀関-中日
中学1年の時陸上から野球に転向。高校時代はエースで3番。
1969年ドラフト3位でロッテから指名されたが拒否して日鉱佐賀関に入社。以後、71年ヤクルト11位、73年近鉄4位、76年日本ハム2位の指名を全て拒否。 1977年5回目の指名を中日から1位で受け、1年間悩んだ末、翌78年シーズン終了後入団。ドラフト指名5回は最多記録。
稲尾和久コーチの元、パームボールをマスターし、持ち球スライダーと共に投球に幅が広がった。
ルーキーイヤーの1979年、13勝を挙げ、遠藤一彦(大洋)に競り勝ち新人王を獲得する。
引退後は、別府湾ゴルフ倶楽部営業課長を経て、九州産業運輸に勤務。
投手成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 登板 勝利 敗戦 奪三振 投球回 防御率 同順
1979 投手 藤沢公也 中日 19 33 13 5 0 129 185.1 2.82 4
1980 投手 藤沢公也 中日 19 27 1 15 0 53 111.1 5.27 --
1981 投手 藤沢公也 中日 19 17 4 4 0 24 56.1 4.98 --
1982 投手 藤沢公也 中日 19 28 4 5 1 45 77.1 3.51 --
1983 投手 藤沢公也 中日 19 34 3 4 0 35 62.1 6.64 --
1984 投手 藤沢公也 中日 19 24 2 2 0 30 39.1 4.58 --
中日通算成績: 在籍6年: 実働6年 163 27 35 1 316 532.0  
生涯通算成績: 在籍6年: 実働6年 163 27 35 1 316 532.0  
打撃成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率 同順
1979 投手 藤沢公也 中日 19 33 60 8 0 2 0 .133 --
1980 投手 藤沢公也 中日 19 27 29 1 0 0 0 .034 --
1981 投手 藤沢公也 中日 19 18 11 3 0 1 0 .273 --
1982 投手 藤沢公也 中日 19 28 16 0 0 0 0 .000 --
1983 投手 藤沢公也 中日 19 34 13 2 0 0 0 .154 --
1984 投手 藤沢公也 中日 19 26 7 1 0 0 0 .143 --
中日通算成績: 在籍6年: 実働6年 166 136 15 0 3 0 .110  
生涯通算成績: 在籍6年: 実働6年 166 136 15 0 3 0 .110  
タイトル・主な記録(中日のみ)
新人王( 1979年 )、 最高勝率( 1979年 )、 オールスター( 1979年 )
メッセージの入力
名前(ハンドルネーム) (15文字以内)
メッセージ
(250文字以内、タグは使えません。)
あたまささん   2018-04-07 18:29:24.0
2年目の1勝15敗、相撲の星取表みたいな数字だ!(笑い)
博多のオヤジさん   2016-06-28 20:50:57.0
藤沢公也様は、引退後 大分に戻られたようですが現在は所在不明とか?。風の噂では
四国に隠棲されてるとか?。
一度、大分の草野球仲間に元気なお姿を見せて下さい。
ソース顔のイケメンさん   2013-03-13 12:31:40.0
82年度日本シリーズで先発の都サン負傷退場を受けて緊急登板したのが藤沢サン。当然ウォーミングアップ不足で微妙なコントロールが出来ず、ボールと判定された時にソース顔に浮かべた切なそうな表情は今でも記憶にあります・・若いドラファンにはソース顔と言っても通じませんね(苦笑)。
ドラファン50年さん   2012-12-30 19:55:02.0
ルーキー年は伝説のパームで主力打者をなぎ倒してた。
2年目以後は、惜しい試合もあったが勝てなくなった。
たぶん癖を盗まれたんでしょう。ルーキー年(昭和54年)
はオールスター近くまで首位をキープ、しかし、コナンさん
の言うとおり失速、ファンはがっかりしました。
今では有り得ないさん   2012-02-12 20:09:42.0
実に5回目のドラフト指名でプロ入団・・御本人にしか分からない葛藤があったんでしょう。でも今のクソ民主党大不況時代から考えると、何とも贅沢な悩みに見えるのは時代のせいですね(苦笑)。あの頃パ・リーグは球場ガラガラ状態、ヤクルトはセ・リーグのお荷物球団、中日なら少しマシかも・・といった処がプロ入りの真相かな。当時の選手年棒は安くて、社会人選手は魅力を感じない額だった様ですし。もし1973年近鉄へ入団していたら、近鉄球団史は変わっていたかも・・と思う今日この頃です。
ある意味凄い数字さん   2010-10-02 20:10:42.0
1980年成績1勝15敗!? 2年目以降成績が下降してた事は知ってたが、こんなに酷い数字だったとは・・。こうして考えると、複数年活躍できる投手がいかに凄いか判る。個人的には藤沢さんみたいな、スピードより変化球のキレで勝負するタイプが好きですね。
僕らのドラゴンズさん   2010-02-10 16:45:24.0
『二年目のジンクス』の年に仲間と当番毎にイライラしていた記憶があります。
後継者を育成するよりも野球が嫌になったのかなぁ…?
また、あの栄光のシーンを観たいなぁ…。
サリーちゃんさん   2009-10-23 14:01:32.0
広島球場での連敗を止めたのはこの人!
9-8と際どかったがw(81年の4月ころ?)
コナンさん   2008-12-13 19:45:05.0
1勝に終わった2年目ですが、シーズン序盤、好投が報われず勝ち星がつかず、ジンクスにハマッてしまった感があります。
チーム自体がボロ負けの1年でしたからね。
4番大島が交通事故で戦線離脱とかありました。
ルーキーイヤーはチームが優勝するかと思ってましたが、後半は信じられない失速ぶり(消化試合で大きな連勝して、何とかAクラス入り)でした。
藤沢に住んで20年さん   2008-12-04 18:32:32.0
一年目の活躍だけ見たら松沼兄より上だった。
あと、優勝した年も中継ぎで多少は貢献した。
兎に角男前で、ディスクジョッキーもやってたね。
中日が中日らしい頃の選手だった。
小松、都、牛島、大島、田尾、モッカ...
今の中日は中日じゃないぜよ、落合さん!
博多のオヤジさん   2007-09-24 18:39:56.0
引退後は、大分に戻られたそうです。サイン色紙を貰いました。大事に飾ってます。風の噂ですが、現役時代の必殺技のパームボールが草野球では痛打されてるとか?
山さんさん   2007-04-15 15:42:10.0
1年目が良すぎたね!!
S49さん   2007-01-26 18:22:55.0
藤沢先発=負け。みたいな雰囲気漂うようになってから、当時大エース広島の北別府投手と投げ合い4-0で勝ったことが忘れられません。
おかださん   2006-12-05 10:34:36.0
2年目のジンクスとはこの人の為にある。
バオーさん   2005-04-20 15:15:17.0
藤沢投手のパームボールは、鈴木孝政投手の快速球さえ打ち砕いた当時の最強打者、掛布氏をして「揺れながら落ちる!あの球は分かっていても打てない」と言わしめた本物の「魔球」。端正なマスクと穏やかな人柄も忘れられません。今でも会ってみたい人です。