安木  祥二

   やすき しょうじ
左投左打
1948年11月4日生まれ
岡山出身
長船中-関西高-クラレ岡山-アトムズ・ヤクルト-太平洋-ロッテ-中日
投手成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 登板 勝利 敗戦 奪三振 投球回 防御率 同順
1969 投手 安木祥二 アトムズ 29 34 1 0 30 38.2 3.23 --
1970 投手 安木祥二 ヤクルト 29 45 4 7 63 92.0 4.11 --
1971 投手 安木祥二 ヤクルト 29 42 1 5 46 67.0 3.22 --
1972 投手 安木祥二 ヤクルト 33 2 0 0 1 2.0 4.50 --
1973 投手 安木祥二 ヤクルト 33 1 0 0 1 1.0 9.00 --
1974 投手 安木祥二 ヤクルト 33 4 0 0 0 7 8.0 1.13 --
1975 投手 安木祥二 太平洋 17 33 3 5 0 53 104.1 4.33 --
1976 投手 安木祥二 太平洋 17 16 0 4 0 19 47.0 5.94 --
1977 投手 安木祥二 ロッテ 46 45 5 2 2 56 80.2 3.11 --
1978 投手 安木祥二 ロッテ 46 47 3 1 0 31 60.2 4.28 --
1979 投手 安木祥二 ロッテ 46 32 2 7 0 47 98.0 4.68 --
1980 投手 安木祥二 ロッテ 46 26 7 8 1 55 115.0 5.32 --
1981 投手 安木祥二 ロッテ 46 25 1 9 0 31 64.2 5.95 --
1982 投手 安木祥二 ロッテ 46 5 1 0 0 2 2.0 4.50 --
  投手 安木祥二 中日 56 26 1 0 0 28 39.1 2.77 --
1983 投手 安木祥二 中日 56 36 4 2 1 54 75.2 3.69 --
1984 投手 安木祥二 中日 16 26 0 1 0 13 32.1 5.57 --
中日通算成績: 在籍3年: 実働3年 88 5 3 1 95 147.1  
生涯通算成績: 在籍16年: 実働16年 445 33 51 4 537 928.1  
打撃成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率 同順
1969 投手 安木祥二 アトムズ 29 34 5 2 0 1 0 .400 --
1970 投手 安木祥二 ヤクルト 29 47 18 1 0 0 0 .056 --
1971 投手 安木祥二 ヤクルト 29 42 10 0 0 0 0 .000 --
1972 投手 安木祥二 ヤクルト 33 2 0 0 0 0 0 .000 --
1973 投手 安木祥二 ヤクルト 33 1 0 0 0 0 0 .000 --
1974 投手 安木祥二 ヤクルト 33 5 1 0 0 0 0 .000 --
1975 投手 安木祥二 太平洋 17 38 0 0 0 0 0 .000 --
1976 投手 安木祥二 太平洋 17 16 0 0 0 0 0 .000 --
1977 投手 安木祥二 ロッテ 46 47 0 0 0 0 0 .000 --
1978 投手 安木祥二 ロッテ 46 49 0 0 0 0 0 .000 --
1979 投手 安木祥二 ロッテ 46 33 0 0 0 0 0 .000 --
1980 投手 安木祥二 ロッテ 46 33 0 0 0 0 0 .000 --
1981 投手 安木祥二 ロッテ 46 26 0 0 0 0 0 .000 --
1982 投手 安木祥二 ロッテ 46 5 0 0 0 0 0 .000 --
  投手 安木祥二 中日 56 26 2 0 0 0 0 .000 --
1983 投手 安木祥二 中日 56 36 14 2 0 1 0 .143 --
1984 投手 安木祥二 中日 16 27 5 0 0 0 0 .000 --
中日通算成績: 在籍3年: 実働3年 89 21 2 0 1 0 .095  
生涯通算成績: 在籍16年: 実働16年 467 55 5 0 2 0 .091  
メッセージの入力
名前(ハンドルネーム) (15文字以内)
メッセージ
(250文字以内、タグは使えません。)
よみびとしらずさん   2018-04-07 23:21:17.0
こんばんは。安木投手、三原監督の昭和46年に巨人戦に先発、残念ですが打ち込まれ1勝3敗となった昼間試合の録画放送を覚えております。三原魔術と呼ばれたうちの意表を突いて左投手を出して、相手が右の代打を出すと松岡弘投手など右投手にすぐ変える変則な采配だったと思われます。抑えれば続投だったかと。
確かに惜しい記録さん   2013-11-04 10:43:33.0
還暦おめでとうございます。もし中日時代の1983年5月15日までに対巨人戦と対ヤクルト戦で勝利していれば全球団勝利達成第1号投手(実際は野村収投手が上記日付達成)として球史に刻まれたでしょうし、仮に対巨人戦1勝のみだったら通算34勝で「1番少ない勝利数の達成者」としての記録(実際は第2号投手古賀正明投手の38勝)も残ったでしょう。こういう隠れた名記録にはツキや運命を感じざるを得ませんね。
安木節さん   2011-10-30 21:40:24.0
この人の名前を聞くと必ず何故か安木節を連想してしまう私です。でも変則二段モーションは記憶に全然ないな・・今度1982年度日本シリーズDVDをレンタルしてきます。
境川さん   2010-05-30 20:38:08.0
 
1982年の日本シリーズでも4試合の登板と活躍したのですね。
 
名無しさん   2008-06-23 23:58:03.0
記憶に残る投手。
こんな投げ方のピッチャーはおらへんで。
ゼンショー・スポーツさん   2006-07-19 01:14:17.0
巨人戦の勝ち星さえあれば、12球団すべてから勝ち星をあげた投手になれたのに・・・
ギャレット弟さん   2005-05-13 20:54:30.0
変則二段モーションが懐かしい。太平洋時代にはマンガあぶさんにも登場。