最優秀防御率

タイトルホルダートップ  
歴代受賞者
名前 記録 コメント
杉下茂 1954 1.39 日本一の立役者。投手タイトルは勝率、最多勝など総ナメであった。
権藤博 1961 1.70 脅威の新人。ルーキーイヤーで最高の結果を残した。
柿本実 1963 1.70 チーム勝ち頭は安定感も抜群だった。
鈴木孝政 1976 2.98 初代の最優秀救援投手は規定投球回を投げ防御率との二冠。
小松辰雄 1985 2.65 チーム成績が振るわぬ中最多勝との二冠。
山本昌広 1993 2.05 今中とのダブルエース。最多勝は分け合うも防御率は山本が獲得。
郭源治 1994 2.45 前年のストッパーから先発転向もしっかり結果を残しタイトル獲得。
野口茂樹 1998 2.34 安定感抜群の左腕は2位に大きく貢献。
野口茂樹 2001 2.46 同タイトルチーム唯一の複数回獲得。
チェン 2009 1.54
吉見一起 2011 1.65