竜をまとめた男たち~中日監督列伝~

長年のドラゴンズの歴史の中では個性的な監督がたくさんいた。
それぞれの個性のもと、さまざまなドラゴンズカラーが彩られていった。

戦前は毎年のように監督が変わっていたが、低迷期が続き陽の目を見ることはあまりなかった。

戦後1946年途中からプレイングマネージャとして指揮をとった杉浦清が 1947年にチームを2位に躍進させるも、オフに赤嶺旋風が勃発。 翌年はまたも下位に低迷する。

後を受けて、1949年に就任したのは天知俊一。 杉下茂を育て上げ、西沢も成長し、着実にチーム力を上げ、1952年に総監督に退くが、 1954年に復帰。初のセントラル制覇と日本一を勝ち取った。

その後野口明、三度の天知俊一が就任するもAクラス確保が精一杯。
次いだ杉下茂はリーグ分裂後、初めてBクラスに転落し解任される。

歴代監督
名前
池田豊36
桝嘉一37
根本行都38~39
小西徳郎39~40
本田親善41~42
三宅大輔43~44
竹内愛一46
杉浦清46~48
天知俊一49~51
坪内道典52~53
天知俊一54
野口明55~56
天知俊一57~58
杉下茂59~60
濃人渉61~62
杉浦清63~64
西沢道夫64~67
近藤貞雄67
杉下茂68
本多逸郎68
水原茂69~71
与那嶺要72~77
中利夫78~80
近藤貞雄81~83
山内一弘84~86
高木守道86
星野仙一87~91
高木守道92~95
徳武定祐95
島野育夫95
星野仙一96~01
山田久志02~
代理・代行含む
1961年に就任した濃人渉は2年に渡って生え抜きトレードを敢行。 チームの改革に着手するも、結果は出なかった。

1963年には杉浦清が2度目の采配。1年目は全チームに勝ち越し、翌年は優勝候補の一角を占めたが、 ふたを開ければダントツの最下位。シーズン途中には休養。西沢コーチが代理監督となった。

翌年、西沢道夫が正式に監督となり3年采配を取るが、 巨人V9スタートとも重なり、3年連続2位に終わる。
また、3年目の途中に胃炎の悪化から休養。近藤貞雄が代行指揮を取った。

次に就任した杉下茂はまたも結果が出せず1年で解任。
フロントは実績ある水原茂を就任させ、コーチ陣も一新した。

だが、2年目に江藤慎一、小川健太郎など主力が退団。 若手を辛抱強く使い、投手陣では星野仙、松本、渋谷、打者陣では島谷、大島、谷沢などが台頭し、 3年目に2位に躍進した。

水原が築き上げた地盤を受け継いだのが与那嶺要である。
若手は主力に成長し、就任3年目に見事リーグ制覇をやってのけた。

1978年に中利夫が就任したが、3年で優勝争いに絡むことはできなかった。

1981年に就任したのは投手コーチとして投手分業制を確立した近藤貞雄であった。
野武士野球と呼ばれた全員野球で2年目に最終戦130試合目で逆転Vを決めた。

だが、優勝翌年は低迷し近藤貞雄は退陣。
次いだ山内一弘も1年目は惜しくも2位に終わったが、翌年以降は低迷。
3年目はシーズン途中で休養。高木守道コーチが監督代理に就任した。

1986年暮れに監督に就任した星野仙一は39歳の青年監督であった。
就任早々落合博満を獲得し、郭源治をストッパーに配置換えをすると大当たり。
翌1988年には優勝をもぎ取った。

その後3年間指揮を取った後、星野仙一は勇退。
次の監督には高木守道が就いた。

1年目は最下位に終わったが、3年目に史上初の同率首位決戦を巨人と戦い惜しくも涙を飲んだ。
その年のオフ、すでに退任が決まっていたと噂された高木守道だったが、強く慰留され翌年も指揮を取る。
しかし、故障者続出でチームは浮上せず、シーズン途中に辞意を表明。 最終試合ではプロ生活初の退場をし、そのままグラウンドを去った。

後を次いだ徳武定祐代行も好転させることはできず、前半戦終了時に休養。 島野育夫二軍監督が代行の代行という異常事態となった。

翌、1996年は星野仙一が再び監督に呼び戻される。
ナゴヤ球場最終年となったこの年、優勝に1歩及ばず、 翌年のナゴヤドーム元年に勢いを持っていこうとしたが、屈辱の最下位。
その後、投高打低、機動力重視のドーム野球への転換をはかり、 見事ドーム3年目にリーグ制覇を成し遂げた。

その星野も2001年暮れに退陣。ヘッドコーチの山田久志が昇格した。

これからも個性ある監督が出てくるとは思うが、 ファンを魅了してくれる戦い方をしてほしいものである。

個人的には強竜打線復活を望むのですが。。。

試合勝数勝率
1 星野1461 星野766 坪内.592
2 与那嶺780 天知439 野口.583
3 天知777 与那嶺388 天知.581
4 杉浦524 西沢253 濃人.550
5 高木499 杉浦249 西沢.538
勝率は100勝以上
最後にデータおたくならではの監督データを。
ドラゴンズ監督の通算試合数、勝ち数ともに星野仙一が1位。
勝率は坪内道典である。

星野の勝率は.534で第6位。勝率最低は中利夫の.435である。

(コマンチ@管理人:2003/05/01)