打者の勲章~立浪和義2000本安打へ向けて~

立浪和義が1988年にPL学園から入団し、昨日(2003/6/28)の巨人戦までに 積み重ねた安打数は1994。 今週中のプロ30人目、チーム3人目の2000本安打達成はほぼ確実である。

ドラゴンズとしては高木守道、谷沢健一以来の3人目。 そこにドラゴンズ在籍者という冠がつくと、落合博満、大島康徳、江藤慎一が加わる。

ドラゴンズ2000本安打達成者
高木守道谷沢健一立浪和義木俣達彦
安打数 22742062 19941876
達成日 1978.4.51985.10.23 2003.7.?-
達成試合数 19981835 (1870)-
達成時年齢 36歳8ヶ月38歳1ヶ月 (33歳10ヶ月)-
3割 3回6回 6回4回
規定到達 15回14回 14回15回
首位打者 -2回 --
立浪は2003/6/28現在。木俣は参考。
立浪は高卒で入団し、昨シーズンまで15年間。 そのうち規定到達は14シーズン。 3年目からは、13年連続の3桁安打。

右票を見てもらうとわかるように、 立浪は高木、谷沢の達成日にくらべるとまだまだ若い。
結構ケガしてるってイメージはあるのだが、 3年目以降は長期離脱が全くない。 今は中日の顔であり、チームリーダーであり 監督に最も信頼される打者となったのもうなづける。

ただ、その立浪だが、入団1年目の新人王以来 タイトルとは無縁なのである。
盗塁王、首位打者、最多安打、昨年には打点王も狙える位置にいたのだが、 最後のツメが甘いのか未だタイトルホルダーとはなっていない。

守備位置はファーストへのコンバートも考えられるほどキレはなくなってきているものの、 打棒に関しては、昨年自己最多打点92を挙げるなど全く衰えはしない。
まだまだドラゴンズの中心として活躍できる選手である。 目指すは張本の3000本安打か!?

(コマンチ@管理人:2003/06/29)