竜戦士の甲子園2~1970年代編~

1970年代、後にドラゴンズに入団する選手で甲子園を沸かせたのは 3人の投手であった。

一人目は土屋正勝。
土屋が最初に甲子園のマウンドを踏んだのは2年生、1973年春だったが初戦に16失点で敗退する。
続けてその年の夏も連続出場し、初戦は完封勝ち。
2回戦は作新学園・怪物江川と投げあい、スコア0-0で迎えた延長12回に サヨナラ押し出し四球で競り勝つ名勝負を演じた。
翌春も出場し、ベスト8。
そして夏。4季連続の甲子園。
初戦のPL学園戦で1失点の快勝。 2回戦を完封勝利、そのまま決勝まで無失点、優勝投手となった。 優勝時、2年生篠塚利夫(巨人)がチームメイトであった。

二人目は小松辰雄。
1976年夏、豪速球を引っさげベスト4に進み、長崎海星サッシーこと酒井圭一とともに 旋風を巻き起こし、後の「スピードガンの申し子」の片鱗を見せた。 高校生ながら終速は140kmを超えていたという。

三人目は牛島和彦。
後に南海に入るドカベン香川とバッテリーを組み、1979年春に決勝まで進むも 石井(西武)-嶋田宗(阪神)の箕島に敗れた。
夏にも再び出場したが、ベスト4で池田に敗退し涙を飲んだ。
その1979年夏、準決勝で敗退するまでのうち一番危なかった試合が 初戦、エース仁村徹率いる上尾との1戦であった。
試合は上尾2点リードでもはや9回二死。 そこで飛び出したのが牛島の起死回生同点2ラン。 仁村は延長で力尽きた。


野手に目を向けてみると、 中京商の栗岡英智。78年夏の甲子園に出場で、2試合連続本塁打を放った。
他は、 1977年春に優勝した箕島のセカンド上川誠二、 1970年春に準優勝した北陽のサード神垣雅行、 1979年春ベスト4のPL学園捕手山中潔ぐらいだろうか。

土屋の後輩で銚子商でスラッガーとして名を馳せた宇野勝も 1976年夏に甲子園に出場した。
島根の豪腕、江津工三沢淳は1970年春は初戦で前出の北陽に破れさった。
1972年春を制した日大桜丘のエース仲根正広も後中日に入団した。
静岡を席巻したのは1974年夏に甲子園に出場する静岡商の高橋三千丈であった。

地方大会記録として、今岡均が1976年夏予選で、岐阜南を相手にノーヒットノーランを達成した。

1970年代甲子園出場ドラゴンズ選手一覧
名前高校出場年備考
伊藤泰憲三重70春
神垣雅行北陽70春
三沢淳江津工70春夏エース
福田功郡山71春夏
水谷啓昭東邦71春夏
藤沢哲也鶴崎工71夏
仲根正広日大桜丘72春夏エース
秋田秀幸静岡商73春
土屋正勝銚子商73春夏74春夏エース
豊田誠佑日大三74春ショート
山崎修二郡山74夏
高橋三千丈静岡商74夏
蓬莱昭彦熊本工75春一塁手→エース
今岡均中京商75夏
青山久人国府75夏エース
鈴木康友天理76春夏77春
米村明PL学園76夏
宇野勝銚子商76夏2年:1番ファースト、3年:3番ショート
尾上旭銚子商76夏77春
小松辰雄星稜76夏77春夏エース
後藤祝秀丸亀商77春
上川誠二箕島77春1番セカンド
川又米利早稲田実77春夏78春夏外野
大野久取手二77夏78夏エース
田中富生南宇和78春
松浦英信延岡学園78夏
栗岡英智中京商78夏
愛甲猛横浜78夏
鹿島忠鹿児島実78夏79夏エース
山中潔PL学園79春
片岡光宏府中東79春エース
若狭徹星稜79春夏
牛島和彦浪華商79春夏エース
仁村徹上尾79夏エース
音重鎮星稜79夏

(コマンチ@管理人:2005/11/20)