竜の韋駄天たち~中日盗塁列伝~

50年代、60年代のドラゴンズは球界屈指の走塁集団であった。
しかし、最近のドラゴンズは塁を盗むという行為に関しては 目立った選手が出てこないのが現状である。

ドラゴンズの足の速い選手・・といえば誰を思い浮かべるだろうか。 高木守道、中利夫、平野謙。最近では清水雅治、李鍾範、大西崇之といったところか。
通算盗塁数(2002/11現在)
名前チーム盗塁数
1福本豊阪急1065
2広瀬叔功南海596
3柴田勲読売579
11高木守道中日369
15中利夫中日347
16坪内道典中日・他344
個人通算盗塁数は11位に高木、15位に中が位置する。
チーム内のシーズン盗塁記録も1960年の中と1963年の高木が共に50で分け合っている。 その年は両名ともタイトルを獲得した。

中日の盗塁王
名前盗塁数
1940石田政良32
1955本多逸郎42
1958岡嶋博治47
1959岡嶋博治41
1960中利夫50
1962河野旭輝26
1963高木守道50
1965高木守道44
1973高木守道28
1986平野謙48
ここ近年は平野謙が1986年にタイトルを獲得して以来、 ドラゴンズには盗塁王のタイトルは無縁である。
1993年に至ってはチームのシーズン盗塁数が29とシーズンチーム盗塁数の 最低タイ記録をマークし、パの盗塁王大石(近)一人の盗塁31にも及ばなかった。 盗塁死31を含め、盗塁企図数60ではこの数字もうなづけるだろうか。
ちなみにこの年のチーム内盗塁内訳は、種田10、立浪・清水6、パウエル3、 残りは盗塁1が4人であった。

1952年6月3日。今でも破られていない盗塁記録が作られた。 1試合6盗塁である。 大洋戦ダブルヘッダーの2試合目。この年8番センターとしてレギュラーを勝ち取った 山崎善平が二盗1、三盗3、本盗2を成功させた。
その後5盗塁した選手は4人いたものの、6盗塁は実現されなかったが、 1989年10月16日に正田耕三(広島)にタイ記録とされる。 献上したのはドラゴンズである。7回に二盗でタイ記録とした正田であったが、 日本記録を試みた三盗は中村武志が阻み、ドラゴンズの記録を守ったのである。

中日が持つ盗塁に関する珍記録としては、 1948年に山本尚敏が記録した1イニング二盗2回というものがある。
この年代走として20盗塁(当時日本記録)している山本は 7月5日の阪急戦の8回、先頭打者が出塁すると さっそく代走に出され二盗成功。4点挙げた後、二死一・二塁で回ってきた打席にて 中前打を放つと再び二盗に成功した。
この記録は球界唯一の記録である。

昨季はリーグ最小盗塁数。今季はリーグ5位。 機動力にいささか不安のあるドラゴンズ。
期待は、今季チームトップの荒木。代走家業からの脱皮を図る大西。 昨季盗塁死王の井端。売り出し中の蔵本など。 走る野球にも期待したいものである。

(コマンチ@管理人:2002/11/05)