不遇の背番号~背番号2列伝~

背番号事典   <<1    3>>
名前 ポジション
牧野潔 1936 投手
志手清彦 1937 外野手
石丸藤吉 1938 内野手
鈴木秀雄 1939 捕手
高木茂 1939~1940 外野手
山下実 1942 内野手
鈴木秀雄 1946 内野手
水野良一 1947~1948 外野手
土屋亨 1950~1955 内野手
川崎啓之介 1956 内野手
早川真次 1957 内野手
原田享 1958~1960 投手
前田益穂 1961~1963 内野手
今津光男 1964 内野手
一枝修平 1965~1971 内野手
バート 1972 内野手
広瀬宰 1973~1975 内野手
田尾安志 1976~1984 外野手
尾上旭 1985~1987 内野手
岩本好広 1988~1989 内野手
バンスロー 1990 内野手
矢野輝弘 1991~1995 捕手
荒木雅博 1996~2017 内野手
土屋亨、前田益穂、一枝修平、広瀬宰、田尾安志、荒木雅博。
ドラゴンズの背番号「2」はいぶし銀の名選手が多い。(田尾は微妙に違うかな。。)
他球団を見てもまた名脇役となった選手が多いのもこの背番号である。
巨人広岡達朗・松本匡史、ロッテ・西武の山崎裕之、近鉄栗橋茂などなど。

ただ、この背番号「2」にはもうひとつの顔もある。
前出の前田益穂、一枝修平、広瀬宰、田尾安志、加えて今津光男、尾上旭。「38」が挟むが矢野輝弘も入れてもいい。他球団をみると広島・高橋慶彦。
「2」を背負った選手は、放出される傾向にあるということである。
「2」を自分の番号として最初に確立した土屋亨はリーグ分裂期の内野控えとして活躍した。
主にサードの控え、1951年はショートで規定打席を打った。

高卒2年目にブレイクした前田益穂。4年目に「2」を背負いサードのレギュラーを不動のものとするが、3年でオリオンズにトレードに出されることとなる。
移籍先でもレギュラーを勝ち取り、オールスターにファン投票選出されるまで成長した。

その前田の背番号を引き継いだショートの控え今津光男も翌年トレードに出されることとなった。
移籍先の広島ではレギュラーを奪取。1番を打つ選手にまで成長する。

その後7年間「2」を背負ったのが守備の名手一枝修平である。高木守道との二遊間は鉄壁であった。
が、球団への不信感から一悶着の後の退団は、明らかに選手生命を短くする要因であった。

次に背負った助っ人バートは、守備の名手で初代の遊撃手ダイヤモンドグラブ賞を受賞するが、低打率はいかんともしがたくこの年限り。

ロッテから移籍した広瀬宰はショートのレギュラーを3年間努めるも、太平洋にトレード放出。

翌年のルーキー田尾安志は新人王を獲得し、核弾頭として9年間活躍するが、チームリーダーとしてフロントに注文をつけたことが仇となり、西武にトレードされた。

次の尾上旭は、内野の控えとして活躍するも「2」は3年背負った後、近鉄へトレード。

88年から2年背負った岩本好広は星野監督の元「乱闘要員」として活躍(?)。

バンスローは高打率を残すも家族の都合で1年で退団。

翌年のルーキー矢野輝弘は中村武志の壁は崩せなかったが、阪神移籍後は球界屈指の捕手に成長した。

その後現在の荒木に引き継がれることとなる。
今年タイトルを獲得し、核弾頭としての役割を十分に発揮した荒木にはこのトレードのジンクスを破って、生涯中日を貫いて欲しいものである。

(コマンチ@管理人:2004/12/07)