出世番号~背番号57列伝~

背番号事典   <<56    58>>
名前 ポジション
足木敏郎 1953 外野手
石川緑 1954~1955 投手
酒井敏明 1956 捕手
内山和巳 1958~1960 外野手
佐々木勲 1962~1964 捕手
岩瀬光時 1964 投手
秋元肇 1965 投手
石川光一 1967~1970 投手
辻正孝 1971 外野手
山崎公晴 1972~1976 内野手
渡部司 1977~1978 投手
平野謙 1979~1982 外野手
彦野利勝 1983~1991 外野手
永川満寿 1992 内野手
野口茂樹 1993~1994 投手
原田政彦 1995 内野手
小島弘務 1996~1997 投手
彦野利勝 1998 外野手
英智 1999~2007 外野手
デラロサ 2008~2009 内野手
吉田利一 2010~2013 捕手
小川龍也 2014~2017 投手
背番号57。入団時につけることの多い数字の大きな背番号だが、ドラゴンズでは出世ナンバーとなっている。例外もいるが、この番号をつけた選手は活躍する傾向にあると思われる。

1953年、ドラゴンズ史上最初に「57」をつけたのは後に名スタッフとなった足木敏郎であった。だが、1試合の出場(しかも不正出場!)に終わった。

翌年「57」を背負ったのは石川緑だった。背負ったのは2年間のみであったが、後に下手投げに改造し13勝を挙げ、出世第1号となる。

次に背負った酒井敏明は背番号変更後に2番手捕手として通算301試合に出場するが、その後は大成した選手は長年出なかった。

「57」を出世番号として確立したのは1979年に投手として入団した平野謙であった。
投手としては大成しなかったが、外野手転向3年目にスタメンを奪い取り、犠打のスペシャリストとしてなくてはならない選手となると背番号「3」に変更した。

平野の背番号を受け継いだのが高卒ルーキーの彦野利勝であった。
3年目に1軍初出場を果たすと、1988年の優勝時には1番センターとして優勝に貢献し、翌年には1番打者として26本塁打を放った。
後、背番号「8」に変更した。

1993年にこの番号を背負ったのは野口茂樹である。「57」を背負った2年間では勝ち星を挙げれなかったが、「47」への変更後はノーヒットノーランを達成し、1999年の優勝時にはMVPをも獲得した。

1999年からは蔵本英智が「57」を背負う。昨シーズン(2002年)には1軍にも定着した。
得意の足と強肩を売りに出世は目前である。

(コマンチ@管理人:2003/02/09)