野口  明

   のぐち あきら
右投右打
1917年8月6日生まれ
愛知出身
中京商-明治大-セネタース-大洋-西鉄-阪急-中日・名古屋・中日
野口4兄弟の長兄。
中京商時代に 杉浦清、鬼頭数雄(大東京他)らと共に3連覇を達成。1933年の明石中戦延長25回では捕手であった。
明大ではまたも杉浦と共に4シーズン連続優勝を成し遂げた。
1936年セネタースに投手として入団。1937年秋最多勝。
1942年一塁手転向。5月24日延長28回を一塁手でフル出場。翌年1943年は打点王。
戦後は阪急に在籍。1947年7月3日に史上初の満塁ランニングホームランを記録。
1949年に中日に移籍。捕手転向し、活躍する。
1955年から2年間監督を務めた。
投手成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 登板 勝利 敗戦 奪三振 投球回 防御率 同順
1936 投手 野口明 セネタース 18 13 8 4 46 96.1 2.25 --
  投手 野口明 セネタース 18 19 7 9 43 104.0 3.03 10
1937 投手 野口明 セネタース 18 37 19 7 142 257.0 1.58 5
  投手 野口明 セネタース 18 33 15 15 81 235.1 2.90 11
1942 内野手 野口明 大洋 8 2 0 2 3 10.1 4.09 --
1943 内野手 野口明 西鉄 8 2 0 2 7 11.0 13.09 --
1948 内野手 野口明 阪急 4 7 0 1 6 37.0 2.68 --
中日通算成績: 在籍0年: 実働0年 .0  
生涯通算成績: 在籍5年: 実働5年 113 49 40 328 751.0  
打撃成績
年度 ポジション 登録名 所属 背番号 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率 同順
1936 投手 野口明 セネタース 18 13 41 9 0 5 0 .220 --
  投手 野口明 セネタース 18 26 62 11 0 6 0 .177 43
1937 投手 野口明 セネタース 18 43 118 30 0 18 0 .254 19
  投手 野口明 セネタース 18 42 124 20 1 12 2 .161 63
1942 内野手 野口明 大洋 8 101 375 83 4 33 0 .221 9
1943 内野手 野口明 西鉄 8 84 318 74 3 42 4 .233 8
1944 内野手 野口明 阪急 - 35 143 34 1 15 3 .238 17
1946 内野手 野口明 阪急 4 102 378 92 1 49 1 .243 34
1947 内野手 野口明 阪急 4 117 442 112 3 52 4 .253 20
1948 内野手 野口明 阪急 4 91 278 77 4 34 6 .277 --
1949 捕手 野口明 中日 6 130 519 134 7 56 3 .258 43
1950 捕手 野口明 中日 6 137 538 146 18 73 3 .271 35
1951 コーチ兼捕手 野口明 名古屋 6 108 408 108 8 49 2 .265 30
1952 コーチ兼捕手 野口明 名古屋 6 114 401 108 8 63 1 .269 22
1953 捕手 野口明 名古屋 6 90 260 70 2 38 0 .269 --
1954 コーチ兼捕手 野口明 中日 6 91 259 61 1 27 0 .236 --
1955 監督 野口明 中日 30 2 2 0 0 0 0 .000 --
中日通算成績: 在籍7年: 実働7年 672 2387 627 44 306 9 .263  
生涯通算成績: 在籍15年: 実働15年 1326 4666 1169 61 572 29 .251  
首脳陣在籍実績(中日のみ)
年度 ポジション 登録名 所属 背番号
1951 コーチ兼捕手 野口明 名古屋 6
1952 コーチ兼捕手 野口明 名古屋 6
1954 コーチ兼捕手 野口明 中日 6
1955 監督 野口明 中日 30
1956 監督 野口明 中日 30
タイトル・主な記録(中日のみ)
ベストナイン(捕手)( 1951年 、 1952年 )、 オールスター(捕手)( 1952年 、 1953年 )、 オールスター( 1951年 、 1954年 )
メッセージの入力
名前(ハンドルネーム) (15文字以内)
メッセージ
(250文字以内、タグは使えません。)
おいさん   2017-03-02 12:42:38.0
削除しろよ!管理人
くたばれ!!長嶋茂雄さん   2016-05-23 15:19:27.0
まだ誰も一人も書き込んでなかったとは意外です。プロのスタートは中日ではなくセネタースだったんですか。1937年の春のリーグ戦では19勝をマークし、秋のリーグ戦では、負け数は多かったが、15勝をマークし、最多勝のタイトルを獲得。その後、打者に転向し、1943年には打点王のタイトルも獲得したんですねえ。戦後は阪急にも在籍してたんですか。中日の監督1年目の年、大洋戦23勝3敗はすごいですねえ。8回戦から最終戦まで19連勝ですからねえ。この方も中日の大功労者だと思います。殿堂入りしてもいいくらいです。